2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

daily style  靴その2 ローファー

0621-1.jpg

アメリカのジョンストン・マーフィーの輸入物のコードバンのローファーです。
25.6年前に神戸の元町通りで買いました。
今の日本で作っている、名前だけのジョンストンとは別物です。

神戸では靴をよく買いました。高架下の銀座堂もよく行きましたが、どちらの店も
いまはもうありません。昔は「靴とカバンは神戸で買え」と言われたもので、
この靴はたしか3万円くらいだったと思います。
そりゃ~国産の靴より高かったわけですから、これだけもてば納得です。

0621-2.jpg

底は革でしたが、張り替えて現在はラバー(これは正確にはビブラムソール)です。
僕はこのラバーのほうが生活に合っていると思います。
張り替える価格は革もラバーも同じ価格のところが多いですが、ラバーのほうが
すべりにくく、急な雨にも動じることがありません。
クッション性も革より良いように感じますし、使い古した脳味噌にも優しいものです。

しかし、この靴も側面を見ていただければ分かるように、かなり傷が目立ってきたし、
縫い目もかなりゆるんできました。ここ2年もつかどうか・・・。
ローファーはほかにも持っていますが、履き慣れたものが消えていくのはちょっと
さびしいです。

0621-3.jpg
スポンサーサイト

daily style  人それぞれの好みについて

人にはそれぞれ好みというものがあります。
例えばAさんがすごく気に入って着ている服をBさんが好きじゃないということは、ごく当たり前のことです。
それは自分の身のまわりの物や嗜好品、大きいところでは車や住まいにも及びます。
その理由は、これが好きで好きでたまらないというものもありますが、なんとなく好きだという場合も多いと思います。もちろん、しがらみから気に沿わないけど仕方なくというのも中にはあるでしょうが、それは置きます。
身のまわりの、集まった(集めた)好みの物の一つ一つは形や大きさもまちまちで雑多な感がするでしょうけど、少し離れて全体を見渡せば、その人の生活スタイルや、あるいは考え方がボーっと分かってくるように思います。

かく言う僕はよそ様のお家におじゃました時、のぞけるものなら本棚を見せてもらいます。別に本を手に取って見たりはしませんが、並んでいる背表紙のタイトルを見ているだけでなんとなく、その方のことを少し分かったような気になるものです。
本で思い出しましたが、前から、いろんな著書の方々が自身の好みの物を写真集にした本を何冊か読んだことがあります。こんな本にはその人の生活スタイルがのぞきますし、別の視線でのヒントが詰まっているようでおもしろいものです。僕もこれから一つそれを真似てみたいと思います。




僕の好み 靴の1

IMG_3572.jpg

アメリカのアレン・エドモンズのメダリオン・ストレートチップです。アレン・エドモンズは他にもいくつか持っていますが、とにかく履きやすい。とにかく、長時間長距離を歩いても疲れません。アメリカの靴はオールデンにしても、不思議と履きやすくて丈夫です。でも他のメーカーのパテントの日本製は良くない。(もっとも最近は知りません)
僕は手持ちの靴で底の張替えの時期が来たものは、元は革でもラバー類に替えるようにしていますが、これは元からラバーです。でもきちっと革底をつくった上にラバーです。で、張替え可能なのがグッド。

実はこれ、全くの新品です。もう一足、25年ほど履いているイギリスのストレートチップの予備として3年ほど前に京都をぶらついている時、靴屋のトレーディングポストのバーゲンに当たって買いました。
チャーチはまだまだ履けますが、ご縁だからとも思って買ったのですが、このたび知人に差し上げることに決めました。自分の好みだったのですが、その知人にサイズもぴったりでよく似合っているのでつい・・・
これもご縁、それで記念に最初に登場させました。

daily style 靴の底替え


 今日は靴の話。

 このコインローファーは20年物です。当時、神戸で3万円近くで買いました。
 アメリカ製のジョンストン・マーフィーで、このコードバンのローファーの底を最近
 初めて替えました。

 よく考えて革底をラバーにしました。これが非常にいい。
 
 (1)クッションが良くなり、そろそろ老化の始まった脳味噌にはダメージが少ない。
 (2)グリップ度が増して滑りにくくなった。
 (3)多少の雨ならへっちゃら。

 もう持っている靴全部をラバーに替えたい気分です。
 それにラバーにしてもスタイルが本当に変わらない。
 靴もいいんでしょうけれど、直した人も上手なんでしょうね。
 西宮市の「修理屋」さん。
 料金は1万円ちょっとです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

とある社長

Author:とある社長

最新記事

カテゴリ

お知らせ (2)
本 (5)
愛玩品 (4)
調度品 (4)
服 (4)
腕時計 (1)
靴 (3)
お酒と食べ物 (8)
器(うつわ) (2)
映画 (1)
仕事について (10)
マナー (3)
年賀状 (1)
思うこと (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。